仔牛のミラノ風カツレツのレシピ
 
 
ミラノ、って知ってるかい? イタリア経済の中心って奴さっ!
・・・そんな話は右から左、
揚げたて美味しい、ミラノ風の仔牛のカツレツ。
材料
  • ★2人分の材料です。
  • 仔牛肉………2切(1切が、100gの物をご用意下さい)
  • 塩………少々
  • コショウ………少々
  • 小麦粉………少々
  • 溶き卵………1/2個分
  • (a)パン粉………1/4カップ(50cc程度)
  • (a)パルメザンチーズ………大1
  • (a)粉パセリ………小1/2
  • (a)オリーブオイル………大4
  • ホールトマト………100g
  • 塩………少々
  • コショウ………少々
  • イタリアンパセリなど………適宜
  • ※パン粉に、注意!
  • ※パン粉に、注意!
作り方
  1. 仔牛は、めん棒や空き瓶などで叩き、薄くのばす。(めん棒が汚れるので、ラップの上から叩いています☆)塩、コショウし、小麦粉を薄くまぶしてから、溶き卵をくぐらせて、(a)のチーズパン粉を押しつける。
  2. フライパンにオリーブオイルを熱し、揚げ焼きにし、油を切る。そのフライパンにホールトマトを加えて、軽く煮詰めたら、塩、コショウで味を調え、イタリアンパセリなどを添える。
ちょこっと一言

今月のイタリアンフェアは、ミラノ風カツレツでございまする~☆ ( ´ ▽ ‘ )ノ

「ミラノ風といえば、仔牛の肉を使うモノなんですよ」
との飯嶋先生の説明に、首をひねる・・・はわゆサン★
イタリアには、牛なんか一杯いそうな気がするんですが、何故に(特別に?)仔牛の肉で作るメニューなのか???

資料によるとミラノでは、仔牛肉というのはポピュラーなモノなんだそう。
どこの肉屋でも売っている、とってもありふれたモノなんだとか。 (゜-゜)

なんでも、お母さんのミルクを飲んでいる間の仔牛の肉色は、まだ白身肉で。
・・・大人になって、草を食むようになると、かのスキヤキなんかで我々が愛する、赤身のお肉へと変わっていくとか★

こちらのカツレツは、そのまだ淡白な味わいの仔牛を使って楽しむメニューなのだと、聞きました、へ~え。

今回はトマトソースを添えてますが、さっぱりとした味わいを楽しみたい方にはそのまま、レモンを絞ってお召し上がりください。
仔牛肉が難しいなら、豚肉でも美味しいそうです。
付け合わせは、ホウレン草のソテーやら、レタスサラダなんかが、レシピ本だと定番みたいです。 o(^▽^)o
栄養情報
カロリー: 417キロカロリー(1人分)
Recipe by ねんりんきらきら at https://www.nenrin-kirakira.net/edogoyomi/%e4%bb%94%e7%89%9b%e3%81%ae%e3%83%9f%e3%83%a9%e3%83%8e%e9%a2%a8%e3%82%ab%e3%83%84%e3%83%ac%e3%83%84/