★今月のハーブは、クミンです★
 
 
材料
  • 【クミン】
  • 科名・・・セリ科
  • 効能・・・疲労回復、粘膜保持、貧血予防、生活習慣病予防、利尿作用、消化促進など
  • 使用部分・・・種子など
  • 樹高・・・30cm程度
  • 開花期・・・6月~7月
  • 栽培難易度・・・やさしい
作り方
  1. 4月から5月中旬までに、種を蒔く。アルカリ性の土壌を好むので、苦土石灰など植え付け2週間くらいの時に1度、追肥すると良い。
  2. 高さが5~8cmにまで育ったら、2~3株を残して間引くと良い。
  3. 乾燥と厳しい暑さを嫌うので、水やりはたっぷりと行うのが良い。
  4. 草丈30cmほどに成長し、花が咲いて枯れてきたら、株ごと刈り取って収穫をする。(タネは脱穀をして、よく乾燥させて使います)
ちょこっと一言

クミンの和名は、馬芹(うまぜり)というそう。
地中海沿岸原産の1年、又は2年草なんだそう。

とにかくその歴史は古く、紀元前16世紀のエジプトの医学書にも、その名が見られるのだとか★

いにしえの墓所からは、副葬品としても扱われ、とにかく古代のギリシアやローマでは薬用はもちろん、美容にも。
その他もちろん、薬味としても活躍をされていたとか。

カレーで使われるのはもちろん、チリパウダーにも活用。
オランダでは、クミンを練り込んだチーズまであるとか★

ソーセージ、ピクルス、パン、ケーキなどなど。
活用の幅が広いのも、クミンの特徴といえるでしょう。

市販されているのは、タネのまま乾燥させたクミン・シードと、粉末にしたクミンパウダー。
そう多く使うモノでもないしで、15gで200円程度のお値段。

毎日、小さじ1杯程度を摂ると、ダイエットにも効果があるとか☆

「植物ステロール」なる成分がクミンには含まれていて、それが新陳代謝アップに繋がったともありますが、、、

ヨーグルトに混ぜたり、コーヒーに混ぜたりして効能を試すのが、お手軽な方法なのだそうです。
Recipe by ねんりんきらきら at https://www.nenrin-kirakira.net/%e2%98%85%e4%bb%8a%e6%9c%88%e3%81%ae%e3%80%81%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%96%e2%98%85/%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%82%af%e3%83%9f%e3%83%b3%e2%98%85/