2017年3月の、ねんきら弁当です☆
 
 
材料
作り方
ちょこっと一言
【お弁当のメニュー☆】
3月といえば、日本では出遭いと別れの季節ですよね。 ('_')

今回は、巣立ちを向かえた子供の為に、ご両親が心づくしの最後のご馳走、といったイメージで詰めて戴きました。
ホウボウがあるからなのか、漁師町のイメージがあります☆

・・・手前の丸い膳は家族で囲んで、旅立つ子の手にあるのは、出発の汽車の切符。
「奥の弁当は、汽車の中で食べなさい」
とは、お母さんの言葉。

期待と不安で震える息子(?)を送る、郷の味です。
・・・良い旅立ちになることを、祈ります☆ (^_^)/

【右の箱】
(左)
海鮮ちまき

(右)
レーズン入米粉スコーン


【下の箱】
(上)
ホウボウの米粉唐揚げ

(右)
ライスパスタのカルボナーラ

(真ん中)
豚肉と大根のオイスターソース炒め

(左上)
ふきの土佐和え

(左下)
ホウボウの生姜煮

(下)
ふきの煮物

※今月の旬食材は、ホウボウにフキです。
 ホウボウの皮、パスタのベーコンが意外な彩りを添えてくれて、ほのぼの。
 希望のある旅立ちを向かえた朝の、穏やかな色合いのお弁当に仕上がりました。
 君に幸あれ、という思いが伝わってくるように感じます。  (〃∇〃)

【お膳のメニュー☆】  

(左上)
ふきの煮物

(右上)
海鮮ちまき

(左下)
ほうぼうの生姜煮

(右下)
ふきの味噌汁

※お江戸のお膳です。
 ・・・今回は何故か、武家の食卓を感じます。。。
 フキを戴いたので、それで煮物と味噌汁に。
 そこへ頂き物が来訪、ホウボウを一匹戴いたので、煮魚で春を味わい。

 流行の炊き込み飯で、妻を相手にゆったりと食事を摂っている。
 障子の外から梅の賑わい、ちょっと良い身分のお家柄のよう。
 のどかな春の、のんびりとしたお膳に仕上がりました。 (^_^)v
Recipe by ねんりんきらきら at https://www.nenrin-kirakira.net/edogoyomi/%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%97%e5%b9%b4%ef%bc%93%e6%9c%88%e3%81%ae%e3%81%8a%e5%bc%81%e5%bd%93%e2%98%86/