アジの南蛮漬けのレシピ
もしもあったら、強力粉。
サラリと衣を身にまとい、甘酢のパワーで疲れ知らずだ、
今日は豪勢、おっきな鯵で作った南蛮漬け。
材料
  • ★2人分の材料です。
  • アジ………2尾
  • 塩………少々
  • コショウ………少々
  • 小麦粉………適宜
  • 揚げ油………適宜
  • (a)水………1/2カップ(100cc)
  • (a)砂糖………大1
  • (a)酢………大1
  • (a)しょう油………大1
  • パプリカ(赤)………1/4個
  •   〃 (黄)………1/4個
  • 玉ねぎ………1/2個


  • ※小麦粉と、砂糖に注意!


  • ※小麦粉と、しょう油に注意!
作り方
  1. アジは三枚におろし、腹骨、中骨を除き、皮付きのまま削ぎ切りにする。
    塩、コショウし、 小麦粉を薄くまぶす。
    パプリカ、玉ねぎは薄切りにする。
  2. 鍋に(a)と玉ねぎ、パプリカを入れて煮立たせ、玉ねぎがしんなりしたら、火を止める。
  3. 揚げ油を180度に熱し、アジを色よく揚げ、に漬け込む。
    (両方熱いうちにつけこむと、味が浸みやすいです)
ちょこっと一言

お江戸の頃からあるレシピの南蛮漬け、今回は鯵バージョンです~☆ (^-^)

よく、豆アジを南蛮漬けにすると思いますが、撮影の折は豆アジがなかったそうで、思い切って大きいアジで作って下さった・・・飯嶋先生。(゜-゜)
これはこれで豪快で、しかも、骨の心配がありませんから食べ易くて良いよう。(^_^)v

アジを捌いて小麦粉を付けて揚げますが、この時、もしもご家庭に強力粉があるなら、それを使った方が薄く、まんべんなくつくし、揚がりも良いのだとか。

小麦粉を薄力・中力・強力と分けているのは、実は日本くらいなモノだそうで、イタリアなんかは小麦粉(!)と銘打っていても、日本でいえば強力粉のみなんだとか★

これで、ケーキでもなんでも作っちゃうそうで、また知らない扉を開けてしまったようで、はわゆサンは、びっくり致しました。( ̄_ ̄ i)
これはやっぱり、「日本は、天ぷら文化だからなのか・・・???」

アジとタレは、熱いウチに漬け込んだ方が、浸透圧の関係で早く味が染みるそうです。
お江戸の頃から続く常備菜、鯵の南蛮漬け、おっきなアジでも、ぜひお試し下さい~☆
栄養情報
カロリー: 160キロカロリー(1人分)