伊達巻きのレシピ
俺の事は、放っておきな。。。
構うな、構うな、触らなくったって俺は、十分うめぇぜぇ。
旅立つ姿をそっと追えば、はんぺんをお供に、傘も黄色だ、
粋な奴だぜ、いよっ、伊達巻き。
材料
  • ★2人分の材料です。
  • (a)はんぺん………小1枚
  • (a)卵………2個
  • (a)塩………少々
  • (a)酒 ………大1
  • (a)砂糖………大2
  • サラダ油………大1/2
作り方
  1. (a)をミキサーに入れて、なめらかになるまで回す。
  2. 卵焼き器にサラダ油を入れて中火にかけ、温まったら上記の材料を流して、弱火にする。
    表面が固まってきたら裏返し、さっと焼く。
  3. 焼きあがった物の内側に包丁で横に切り込みを入れ、巻簾で巻いて、輪ゴムで止めて形をつけ、冷めたら切り分ける。
ちょこっと一言

・・・伊達巻って、まんが「美味しんぼ」で海原雄山が、たしか鯛と海老のすり身で作っていたという記憶があります。。。
はわゆ家ではちなみに、甘い伊達巻はお好みでないので、卵焼きでお正月を迎えていました。(^_^;)
「魚介系のすり身を、はんぺんに置き換える」事で、値段も廉価で味も申し分なく、舌触りも滑らかで、ふんわりと仕上がります。

また、卵焼きは焦げるとヒサンですが、伊達巻なら少々の焼き目は、どうとでもなります。
( ̄_ ̄ i)
はじめは中火ながら、生地を流し込んだら弱火にして、本当に、ずーーーっと気長に(ほったらかしにして)焼いていくので、卵焼きより数段、手が掛りません。(^▽^;)
焼きあがった生地に包丁を入れるのは、巻き易くするため。
今年の正月は、この伊達巻きもお試し下さい。(^-^)
栄養情報
カロリー: 118キロカロリー(1人分)