切り干し大根の甘酢漬けのレシピ
「なんか、さっぱりとしたもんはねぇのか、えぇ、おきみ」
亭主に言われて、おきみが差し出したのが、この小鉢。
甘くもねぇ稼ぎに、心も甘酢、噛み締めてせつない・・・切干大根の甘酢漬け。
材料
  • ★飯嶋先生のご推薦、作り易い量でご案内しています。
  • 切り干し大根………40g
  • ニンジン………40g
  • (a)砂糖………大4
  • (a)酢………1/2カップ(100cc)
  • (a)塩………小1
  • [b]水 ………1/2カップ(100cc)
  • [b]昆布(5cm角)………1枚

  • ※砂糖に、注意!
作り方
  1. 切り干し大根は、戻す。
    ニンジンは、千切りにする。
    [b]は鍋に合わせて、30分以上おく。
  2. [b]の鍋に(a)を入れて一煮立ちさせ、冷ます。
  3. 人参、切り干し大根の水気を切ってに加え、しっかり漬け込む。
ちょこっと一言

前回から飯嶋先生に、干し物レシピを紹介して戴いてます。
このレシピでのポイントは、あえて言うなら、
「(調味料の量に対して)材料が、ひたひたな位で漬けこむことでしょうか」との事でした。

漬けこむだけで楽しめるレシピですが、関東では「切干大根」と呼びますが、関西では「千切大根」と呼ばれています。
どちらも同じく、完熟した大根を細かく切って、干して作った加工食品ですが、「千切りにしてから干す、切干」と、「蒸してから乾燥させる、虫干し」と、干し方は2種類あるそうです。

干すことで、大根本来が持つカルシウムや鉄分、ビタミン1や2がぐぐっと増えて、栄養価も高くなります。
食物繊維は豊富だし、弱った肝臓や胃腸を回復させてくれますし、保温作用から冷え性緩和にも効果があります。

日本の叡智を、ここで再確認した・・・はわゆサンでした。
これから春まで、お世話になりま~す。(^_^;)
栄養情報
カロリー: 46キロカロリー(1人分)