山菜の天ぷらのレシピ
ようやく陽が出て来たようだ。
ほっと一息、あちこち歩けば思わぬ収穫、 ほらほら、こんなに獲れました。
どうして食べよう、やっぱりこれだね、春の息吹を根こそぎいただく、山菜で作った天ぷらだい!
材料
  • ★2人分の材料です。
  • (a)薄力粉………1/2カップ(100g程度)
  • (a)水………70cc
  • (a)卵………1/2個
  • (a)塩………小0.25
  • お好みの山菜(今回はタラの芽、ふきのとう)
  • 薄力粉………適宜
  • 揚げ油………適宜
  • レモン………1/4個
作り方
  1. ふきのとうは、つぼみを開く。
    タラの芽は、かたい部分を切り落とす。
    レモンは櫛形に切る。
    材料の全てに、薄く小麦粉をまぶす。
  2. (a)は合わせて、叩くように混ぜる。
    (粉っぽさが残る程度でよい)
  3. 揚げ油を170度に熱し、それぞれ衣にくぐらせて揚げる。
    (じっくり、からっと浮いてくるまで)
    180度に上げながら、浮いてきてから1分待ち、引き揚げて油を切る。
  4. 天ぷらを盛りつけ、レモンを添える。
    ※塩、抹茶塩、てんつゆなどお好みのものをつけていただく。
ちょこっと一言

日本の三大料理といえば、鮨に天ぷら、うなぎ・・・ふふふ。(-"-)
山菜の天ぷらなんて、まさに春をいただく、日本の伝統的お料理でございますよね~♫

春の山菜といえば、のびる、たけのこ、こごみ、山ウドなど色々ありますが、今回はシンプルに、たらの芽とふきのとう(父の実家、山形では「ばっきゃぁ」と呼ぶらしい★)です♪
素材に薄力粉をまずまぶすのは、衣がよく素材になじむようにする一手間です。
今回は、たまたま単体の素材ですが、たとえば「かき揚げ」なんかは、この手間を惜しむと、熱した油に入れた時点で、バラバラ事件を起してしまうのだとか★

春の山菜や野菜には独特の苦みがありますが、これがまた抗酸化作用、新陳代謝UPのパワーがあるとか。
春の香りを堪能できて、しかも身体に嬉しいレシピです。(^-^)
栄養情報
カロリー: 182キロカロリー(1人分)