海老とインゲンのかき揚げのレシピ
5年ぶりの、旧盆での里帰り。
揚げモノ自慢の、おふくろの手料理、
・・・なつかしいなぁ、海老とインゲン、かき揚げの味。
材料
  • ★2人分の材料です。
  • 玉ねぎ………1/2個
  • インゲン………50g
  • 海老………100g
  • 薄力粉………1/4カップ(50cc)
  • (a)卵………1/2個
  • (a)冷水………100cc
  • (a)塩………小0.5
  • 薄力粉………1/2カップ
  • 揚げ油………適宜


  • ※小麦粉に、注意!
作り方
  1. 玉ねぎは、スライスする。
    インゲンは、半分に切る。
    海老は、ペーパータオルで水気をおさえる。
  2. ボウルに薄力粉1/4カップ、玉ねぎ、海老、インゲンを入れてよく混ぜる。
  3. (a)をボウルに入れて混ぜたところに、薄力粉を入れて叩くように混ぜ、粉をまぶした野菜を入れて軽く混ぜる。
  4. 揚げ油を170度に熱し、1/4量のタネを入れる。
    かき集めながらまとめ、ひとまとまりになってきたら菜箸で数カ所つつく。
    しっかり固まってきたら裏返し、色よく揚げて油を切る。
ちょこっと一言

旬食材を使った、インゲンと海老の入ったかき揚げでっす!

天ぷらの場合はまず、冷水を用意します。
これが常温だったりすると粘りが出てしまい、カラッと揚がらないそうなので、要注意(!)

また、かき揚げのポイントは、タネ(今回はインゲンと玉ねぎ、海老★)にそれぞれ、小麦粉をまぶす事にあり(!)
もしあったら、強力粉でお試し下さい。
薄く、まんべんなく絡むそうですが、この一手間をしないと、天ぷら鍋にタネを広げた時点で、一気に(!)バラバラ事件になってしまうからです。 (T ^ T)
・・・この小麦粉の一振り(レシピでは、1/4カップの小麦粉★)が、アナタのかき揚げを成功に促します。 (^_^)v

上記の事を行ってから天ぷらの衣(レシピでは、卵・塩・冷水に1/2の薄力粉★)を混ぜ、タネを入れて混ぜて揚げていきますが、途中天ぷらに菜箸で穴を開けます。
こうすると中まで火が通って、サクサクになるんだそうです。 (〃∇〃)

夏の揚げモノはちょっと・・・という方も、いらっしゃるでしょうか。
一つ、挑戦!
揚げたて、サクサクレシピです。 (^_^)v
栄養情報
カロリー: 356キロカロリー(1人分)