秋刀魚寿司のレシピ
おい、そこのを一つくんな、へいっ、
お江戸の屋台は、今日も賑やかしいぜ、
・・・おっと! 口の中で踊り漂う、今年も旨いぜ、秋刀魚寿司。
材料
  • ★2人分の材料です。
  • サンマ………2尾
  • 塩………少々
  • 酢………大1
  • 米………1.5合(270g程度)
  • (a)塩………小1/4
  • (a)砂糖………大1/2
  • (a)酢………大2
  • 青シソ………2枚


  • ※砂糖に、注意!


  • ※付けしょう油などに、注意!
作り方
  1. サンマは3枚におろして、腹骨、中骨を除いてから塩をふり、5分おく。
    ペーパータオルで水気を押さえ、酢をまぶして5分おき、再びペーパータオルで水気を押さえる。
    3等分の削ぎ切りにする。
  2. 米は同量の水で炊き、熱いうちに(a)をかけ、切り混ぜて冷ます。
  3. 寿司の大きさにご飯を形作り、サンマをのせる。
  4. お好みでおろしショウガをのせ、しょう油をつけてどうぞ。
ちょこっと一言

今月のお米料理は、飯嶋先生にリクエストを致しまして、旬の秋刀魚を活かした「秋刀魚寿司」でーーーっす! o(〃^▽^〃)o

「ねんきら」では、2013年の9月に一度「さんまフェア♫」をしているのですが、他にもレシピがあるなら楽しみたい・・・という事でお願いをしてみました。

・・・はてさて、秋刀魚フェアをしたくらいですから、「秋刀魚の下拵え」は「ねんきら」、力が籠っております。
こちらのページをとくと、ご覧くださいませ。
『ねんきら・調理過程動画集☆』

今回は酢飯なので、炊飯の折の水加減は、お米と同量の1.5合の水(270cc)で炊き上げていきます。
熱いうちに二杯酢で味付け、切り混ぜて冷ましましょう。

・・・お江戸の頃の握り鮨は、この写真のモノより、かなり大きかったんだそうです。
なので、一口では口の中に収まらないことから、2片に切り分けてお客に振る舞っていたとか★
今も、握り寿司は一貫(2個)で提供されてますが、これはその名残なんだそうです。 (^_^)v

こんな秋刀魚のお寿司なら、ぜったいにお江戸の頃も人々に楽しまれていた事でしょう。
酢飯にガリを刻み入れても、美味しそうです。
一口、お試し下さい~☆ (^-^)
栄養情報
カロリー: 630キロカロリー(1人分)