豆腐のきのこあんかけのレシピ
馴染の呑み屋で、一休み。
今日のアテは、こんなところでどうかしら。
・・・お静が差し出す、仙吉が好物、うまくねぇはずがねぇものさ、 ・・・なぁ、豆腐で作った、きのこのあんかけ。
材料
  • ★2人分の材料です。
  • 豆腐………1丁
  • 塩………少々
  • きのこ(お好みのもの数種)………160g
  • 水………1カップ(200cc)
  • 削り節………1 .5カップ(100cc)
  • (a)塩………小1.5
  • (a)みりん………大1
  • (a)しょう油………大1
  • (a)酒………大1
  • ゴマ油………大1
  • [b]片栗粉………大1
  • [b]水………大2


  • ※しょう油に、注意!
作り方
  1. 豆腐は大きめの一口大に切り、塩を入れた湯で1~2分茹で、ザルにあげて水気を切る。
  2. 鍋に湯を沸かし、削り節を入れて浸ったら静かに漉す。
    出汁を鍋に戻し、(a)を入れて沸かす。
    きのこを加えて火を通し、[b]でとろみをつけ、ゴマ油で香り付けをする。
  3. 器に盛りつけた豆腐に、をかける。
ちょこっと一言

4年ほど前に、一大決心をして渋谷に引っ越してきた・・・はわゆサン★

ひょんな事から、こうして「日本人と食べ物の歴史的なレシピ紹介・ねんきら」を始めてしまったんですが、近所の居酒屋さんで冬によく頼む料理があります。
・・・それは、湯奴。
何を隠そう、江戸の頃の料理書にも載っている、一品です。

・・・はわゆサンはいつも、お一人様で通っているお客サンです★
なので、例えば湯豆腐を頼んでしまうと、お汁でお腹一杯になってしまって他が頼めないし、寒い冬に、冷奴ではせつない。 ( ̄_ ̄ i)
そんな時、お店のマスターが湯奴を出してくれたんです。

文字通り、冷奴の温かい版なので美味しいし、こちらは豆腐を大きくカットしてあるので、中までいつまでも熱くて、冬には有難いご馳走です。
・・・かような訳で、「ねんきら」ではそこにもう一工夫(!)
冬に似合う、あったかいお豆腐料理をとリクエストしたところ、飯嶋先生が提案して下さったのがこの、あんかけな訳です。

ここでのポイントは、豆腐を切ったらまず、塩茹でをする事(!)
・・・こうする事で、まず豆腐は水切れをするので、きのこあんの味付けが薄くならないし、形崩れも致しません。
こちらは一口大に豆腐を切った方が、きのこあんと良く絡みますよね。

冬には嬉しい、出汁とキノコの旨味を感じる、ほっとした一品です。
ぜひ今晩の食膳に、ご活用ください。 (^-^)
栄養情報
カロリー: 240キロカロリー(1人分)