鰺の手こね寿司のレシピ
買って来たぜ、鯵一本(!)
取り出だしたるは、岩下の新生姜、 ゴハンにちゃちゃいと混ぜれば、あらまぁ、お手軽、鯵の手こね寿司の出来上がりだい(!)
材料
  • ★2人分の材料です。
  • アジ………2尾
  • (a)しょう油………大1
  • (a)みりん………大1
  • ご飯………1合分
  • 新生姜甘酢漬け………1/4袋
  • 甘酢漬けの漬け汁………大2
  • 青シソ………2枚
  • 万能ネギ………1本
  • ミョウガ………1/2個
  • 塩………少々
  • きざみのり………適宜


  • ※しょう油に、注意!
作り方
  1. 新生姜は、フードプロセッサーにかけて細かく刻む。
    漬け汁と共に、温かいご飯に混ぜ、冷ます。
  2. アジは三枚におろして皮をむき、削ぎ切りにして(a)に漬ける。
    青シソは千切り、万能ネギは小口切り、ミョウガは薄切りにする。
  3. ご飯に薬味を混ぜ、アジを加えて切るように混ぜ、塩で味を調える。
    皿に盛りつけて、きざみのりをのせる。
ちょこっと一言

江戸の三白料理、今回は「てこね寿司」です~。(^-^)
酢飯に具を手で混ぜ込んで作る早寿司で、本来は鰹の漬けを使用。
三重県は伊勢神宮の辺りの、郷土料理としても有名です。(^-^)

さて、今回はその鯵バージョンなのですが、ここで一番大切なのは「鯵の下処理」です。
・・・ようするに、鯵のたたきを漬けにして酢飯に混ぜ込む訳ですが、ここでお腹の処理を間違うと、とっても生臭~いお寿司になってしまいます。(-"-)
なるたけ、鯵を三枚に下ろす過程では、お腹が身に触らないように心がけて下さい。

今回の飯嶋先生の工夫は、・・・それは世間様には「すし酢」なる商品も売られてはいますが、てこね寿司は「生姜を混ぜ込んで作る、すし」なのでいっそ、岩下の新生姜を使用。(〃∇〃)
生姜のつけ汁の再利用で、酢飯が出来てしまうんだから、驚きです。(^_^)v
岩下の新生姜なら、どこでも手に入りますし、お手軽です。
今年の夏は、鯵一匹捌いて、試してみたいと思います~☆


『岩下の新生姜HP』
※1袋、200円くらいみたいです。(^_^)v


※鯵の三枚下ろしの動画を、UPしました☆
 音声が、ちょっと悪いんですが、参考にしてみて下さい~☆
 『鯵の三枚下ろしから、お刺身へ☆』
栄養情報
カロリー: 346キロカロリー(1人分)