鴨の八幡巻きのレシピ
寄り合いとはいいながら、好みの一品、持ち寄っての集まりへ。
今日の私はとっておき、みんなの驚く顔が目に浮かぶ(?)
わくわく、鴨の八幡巻き。
材料
  • ★2人分の材料です。
  • 鴨もも肉………1枚
  • ゴボウ………1/8本
  • ニンジン………1/4本
  • 片栗粉………大1
  • サラダ油………大1.5
  • (a)水………1カップ(200cc)
  • (a)砂糖………大1
  • (a)しょう油………大3
  • (a)みりん………大1
  • (a)酒………大1
  • プチトマト………適宜


  • ※しょう油に、注意!
作り方
  1. ゴボウ、ニンジンは、7~8mm角の棒状にして、ゴボウは水にさらす。
  2. もも肉は、厚みが均等になるように切り込みを入れ、ゴボウとニンジンを巻く。
    たこ糸で形を整え、片栗粉をまぶす。
  3. 鍋にサラダ油を熱し、を転がしながら焼く。
    全体に焼き色がついたら(a)を加え、落とし蓋をして、時々転がしながら、煮汁が少なくなるまで煮て、火を通す。
  4. たこ糸をはずし、切り分けて煮汁をかける。
    彩りにプチトマトなどを添える。
ちょこっと一言

鴨の八幡巻き、でーーっす!
もちろん鶏でも構わないとは思いますが、なんとなく、ご馳走感のあるレシピですよね。o(^▽^)o

中に巻くゴボウを、まず水にさらしますが、目安としては10分程度。
・・・そういえば、よく「酢水でさらさないと・・・」といったレシピも、そちこちで見掛けますよね。(゜-゜)

なんでも、レンコンやゴボウは、空気に触れるとすぐ褐色に、変色するから(!)
白さを保つためにも、酢水を使うんだそうですが、このレシピは結局しょう油や調味料で煮てしまうので、そこまで色にこだわらなくても・・・という事で、水で良いのだそうです。

具をお肉で巻いてタコ糸で縛ったら、片栗粉をまぶして焼いていきます。
それから調味料を入れて、じっくりと煮含めていく訳ですが、ここでの落とし蓋の最適バージョンは、キッチンペーパー(!)
落とし蓋の役目もしてくれますし、アクまで取ってくれます。

おもてなしにはもちろん、お弁当のオカズにも良し(!)
作って安心、食べて満足の一品でっす! (^-^)
栄養情報
カロリー: 366キロカロリー(1人分)